ワインの法律

【2023年の解禁は11月16日】ボジョレー・ヌーヴォーの一問一答

2023年10月10日

【2023年の解禁は11月16日】ボジョレー・ヌーヴォーの一問一答 これで初心者にドヤれるかもしれない!?
 
 
「ボジョレー・ヌーヴォーって何?」あなたはスラスラと説明できますか?
1年に1度のこの季節は、日本中の酒飲みの関心がワインに向かうイベント。
正確でスキのない予備知識を身に着けて、ワインビギナーにやさしく紹介してあげましょう。
会社で後輩にドヤれるかもしれないボジョレー・ヌーヴォーの豆知識を、一問一答形式でお答えします。
  
  

ボジョレー・ヌーヴォーの概要

 
まずは基本的なボジョレー・ヌーヴォーに関する基本的な疑問に答えます。
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーとは

 
そもそもボジョレー・ヌーヴォーってなに?
 
「ヌーヴォー」とは英語にすると「NEW」。 つまり新酒のことです。
その年に取れたブドウをつかったできたてほやほやのワインです。
フランスのボジョレー地区の新酒がボジョレー・ヌーヴォーです。
KATAYAMA
 
 

フランス語⇒カタカナの表記のゆれ

 
「ボジョレー・ヌーヴォー」とか「ボージョレ・ヌーボー」とかいろいろあるけど、どれが正しいの?
 
なんでもいいっす!
フランス語の「Beaujolais Nouveau」をカタカナに表した際の表記の揺れです。
だからどちらも正しいと言えるし、どちらも厳密には正確ではない。
全部一緒なので気にしなくていいですよ。
KATAYAMA
 
 

ボジョレー地区とは?

 
ボジョレー地区ってどこにあるの?
 
フランスの生産地域の分類でいうとブルゴーニュ地方の中にあります。
ただ栽培面積でいうと、ボジョレーだけでブルゴーニュ全体の1/3もあります。主要なブドウ品種も違うので、ブルゴーニュとは別物として考える場合もあります。
KATAYAMA
 
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーの発売日

 
発売日(解禁日)はいつなの?
 
2023年は11月16日の木曜日です。
KATAYAMA
 
 
年によって違うの?
 
はい。ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は、11月の第3木曜日と決まっています。だから日にちはカレンダーによって変わるということですね。
KATAYAMA
 
どうして日にちじゃなくて曜日なの?
日にちで決めると解禁日が日曜日や月曜日ということもあるじゃないですか。地域によっては土日は配送業者が休みなこともあり、解禁日前日にワインを用意するのが難しいこともあります。だから曜日で固定しているんです。
KATAYAMA
 
なるほど~
 
  
 

解禁日が決められている理由

 
なんで解禁日があるの?
 
品質保持のためですね。
スーパーでも「初物」とか旬の食材が並び始めるとつい食べたくなるじゃないですか。
KATAYAMA
  
サンマの初競りとか毎年ニュースになりますよね
 
今年の新酒というのも新しいもの好きには魅力的です。他のワイナリーに先駆けて発売すれば、それだけ売りやすい。
KATAYAMA
 
 
タイミングは自由に出荷したらダメなんですか?
 
早く出荷するのが目的になって、それで品質が二の次三の次になるのを恐れているんです。買って飲む人も喜ばないし、ブランドイメージが下がるから他のワイナリーにとっても不利益です。
KATAYAMA
 
だから解禁日を決めるんですね。
 
11月の第3木曜日なら、出荷競争にならずに十分品質にこだわったものがつくれるだろう。そう考えて決めたのでしょうね。。
KATAYAMA
 
美味しさのためなんですね。
 
他にも「一斉に発売した方がイベントになって注目が集まる」ってマーケティング上の理由もあるでしょう。
KATAYAMA
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーの価格

 
ボジョレー・ヌーヴォー、なんか前より高くない?
 
2022年からボジョレー・ヌーヴォーの価格はジャンプアップしてしまいました。今年は去年よりは下がっているものが多いですが、一昨年とくらべるとまだまだ高いです。
KATAYAMA
 
どうして?円安だから?
 
それももちろん大きな理由ですが、一番はウクライナ戦争ですね。
KATAYAMA
 
戦争がどうしてワインの価格に影響するの?
 
ウクライナ戦争が始まって以降、日本とヨーロッパ間の航空機はロシア上空を飛べないんですよ。
KATAYAMA
 
 
そっか。迂回しないといけないんだ。
 
飛行機の航続距離が長くなる。しかも原油高。それもあって航空運賃が爆上がりしていて、ワインの値段に反映されてしまっているんです。
KATAYAMA
 
わたしが安く美味しくワインを飲むためにも、世界が早く平和になりますように!
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーの味わい

 
ボジョレー・ヌーヴォーはどんな香り・味のワインなのでしょうか。
お店に行けばたくさんの種類が並んでいますが、何が違うのでしょうか。
 
 

たくさんのボジョレー・ヌーヴォーの違い

 
お店に行ったらいろいろな種類のボジョレー・ヌーヴォーが予約受付中。何が違うの?
 
ボジョレー・ヌーヴォーというのは、日本でいうなら「琉球泡盛」みたいなもの。どこでつくるか・どうやってつくるかが決まっているワインの総称です。だからたくさんの生産者・メーカーがいるんです。その違いですね。
KATAYAMA
 
なるほど。ラベルが違えばつくっている人が違うんだ。
 
 

「ボジョレー・ヌーヴォー」と「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」

 
「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」って書いてあるものもあるけど、あれは何が違うの?
 
「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」、長いのでここでは単に「ヴィラージュ」といいますね。これもボジョレー・ヌーヴォーの仲間です。違いはヴィラージュの方がより上級なことです。
KATAYAMA
 
何が違って上級なの?
 
ボジョレー地方の中で昔からよりいいワインをつくるとされていた地区が「ボジョレー・ヴィラージュ」と定められています。その地区内の畑のみから新酒をつくれば、「ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォー」なのです。
KATAYAMA
 
 
そんなに美味しさ違うの?
 
同じ生産者が「ボジョレー・ヌーヴォー」と「ヴィラージュ」とつくっていて、2本を並べて飲み比べたなら、少し違いを感じます。やっぱりヴィラージュの方が美味しいです。一概に言えませんが、余韻の続き方や香りの複雑さに差が出る印象ですね。
KATAYAMA
 
じゃあ「ヴィラージュ」の方を買うべき?
 
生産者が違って価格が違えば、必ずしもヴィラージュの方が美味しいということはないです。それに「ヴィラージュ」かどうかって、割と価格差がないんです。
どっちも売ってて値段差が200~300円程度なら、「ヴィラージュ」を買うことをおすすめしますが、「ヴィラージュじゃないなら買わない方がいい」ってことはないです。
KATAYAMA
 
  

ボジョレー・ヌーヴォーの典型的な味わい

 
そりゃあ生産者によって味が違うのでしょうが、ボジョレー・ヌーヴォーはだいたいこういう味わいっていうのはありますか?
 
一言でいうならフレッシュ&フルーティー
KATAYAMA
 
もっと詳しく表現すると?
イチゴをはじめとした赤いベリーの香りの奥に、ほのかにバナナのような香り。
渋味はほとんどなく、軽い口当たり。程よいフレッシュな酸味が全体をイキイキとさせる。
これが典型的なボジョレー・ヌーヴォーの味わいです。
KATAYAMA
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーはどうして初心者向き?

 
ボジョレー・ヌーヴォーは初心者も飲みやすいワインなの?
 
赤ワインにおいて初心者に嫌われやすい味わいがない。そういう意味でボジョレー・ヌーヴォーは「飲みやすい」といえるでしょうね。
KATAYAMA
 
「嫌われやすい味わい」って?
 
一番は渋味。ボジョレー・ヌーヴォーはその製法ゆえにほとんど渋味がありません。ギュっと歯茎が引っ張られるような刺激がないので、ワインに不慣れな方にとっても楽しみやすいワインです。
KATAYAMA
 
 
じゃあワインをほとんど飲んだことのないっていう後輩を誘っても大丈夫?
 
もちろん!ぜひ一緒に楽しんでください。
ボジョレー・ヌーヴォーは渋味は控えめながら、香りのボリュームはそこそこあります。しかもフルーツを思わせるキャラクターでシンプル。「これ、イチゴっぽい香りしない?」なんて話しながら飲めば、ワインに興味を持ってもらえるきっかけになるかもしれません。
KATAYAMA
 
難しくないかな?
 
香りの感じ方は個人差があるので、押しつけはよくありません。ただ、「ブドウからできているお酒に、他のフルーツの香りがする」って驚きかも。ワイン通からしたら当たり前ですが、ワインに親しみのない方には物珍しいはずです。
KATAYAMA
 
 
気になる2023年の出来栄えは?
 
輸入元各社から、2023年のレポートが届いています。
総じていうと2023年は質と量の両方において優れた年。ただし夏に雹の被害があったので、局所的に収穫量が下がっているところはあります。
KATAYAMA
 
毎年「10年に1度の出来」って言ってない?
 
ここ数年は控えめですよ(笑)
実際に近年は地球温暖化の影響か、暑く乾燥したヴィンテージが多いです。ブドウはよく熟しますし、カビなどの病害は少なくなるので、良作年とされるヴィンテージの割合は増えています。
KATAYAMA
 
じゃあ2023年は買い?
 
素晴らしいヴィンテージである可能性はかなり高めですが、実際に飲んでみないとわからない部分はもちろんありますね。11月が待ち遠しいです。
KATAYAMA
 

COCOSで売っているボジョレー・ヌーヴォー

 
COCOSではどんなボジョレー・ヌーヴォーが入荷するの?それぞれどう違うの?
 
今年ご紹介するボジョレー・ヌーヴォーはこの5種類です。
KATAYAMA

毎年仕入れの本数が最も多いボジョレー・ヌーヴォー。平均と比べて果実味の凝縮感がやや高い傾向があります。

 

ブドウの樹の樹齢が非常に高いのが、上記のワインとの違い。価格差が小さい割には、飲み比べればちゃんとこちらの方が美味しいです。個人的には断然この「サントネール」推し。

 

なにしろ手頃な価格なのが魅力。筆者は2022年、このボジョレー・ヌーヴォーを飲みました。1人暮らしなので、500mlとちょっと小さいサイズが、個人的にピッタリなんです。他のボジョレー・ヌーヴォーに比べると、風味はよりシンプルです。

 

新酒だけでなく、船便で輸入される普通のボジョレーも人気な生産者「シャトー・カンボン」。生産者としての格が一段階上なので、ワインもなかなか高価ではありますが、余韻の長さや香りの複雑性が違います。

 

味わいの方向性は「シャトー・カンボン」と同じなので、どちらを買うかはエチケットデザインの気に入った方で決めていいかも。ブドウのうま味感とピュアな果実感が魅力です。

  
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーの位置づけ

 
ボジョレー・ヌーヴォーって人気のワインなの?
 
たくさん売れるワインが「人気」と考えるなら、間違いなく大人気のワインです。かつてほどの熱狂ぶりはなくなったとはいえ、1年間でトップクラスにワインが売れる時期であることは間違いないです。
KATAYAMA
 
 
初心者からしたらまあまあ高いワインだけど、ボジョレー・ヌーヴォーって高級酒なの?
 
決して高級ワインではありません。今年の収穫を祝う祭りの酒であり、むしろ安酒の扱いです。輸送費と販売コストの関係で高くなっているだけです。
KATAYAMA
 
じゃあ他にももっと美味しいワインはたくさんあるんだ。
 
まさにその通り。ボジョレー・ヌーヴォーよりももっと香りが複雑なワイン、飲みごたえのあるワイン、口当たりが滑らかなワイン・・・いくらでもあります。
ボジョレー・ヌーヴォーを年に一度のワインを飲む機会にしない。ボジョレー・ヌーヴォーを入口としていろいろなワインを楽しんでほしい。それがワインを紹介する者としての心からの願いです。
KATAYAMA
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーをより美味しく楽しむコツ

 
せっかく手に入れたボジョレー・ヌーヴォー。なるべく美味しく飲みたいものです。
その際に気を付けるべきことはなんでしょうか。
 
 

より美味しく飲む3つのポイント

 
ボジョレー・ヌーヴォーを美味しく飲むために気を付けるポイントは?
 
美味しく飲むために気を付ける点は、大きく次の2つ。
ワイングラス、温度です。
KATAYAMA
 
 

ボジョレー・ヌーヴォーに適したワイングラスとは