チャコリについて、より詳しく

チャコリの産地について

チャコリってどんなワイン?

フランスとスペインの国境をまたぐようにして広がるバスク地方。 その中でもスペイン側バスクの海側地方で作られる特産ワインがチャコリです。 オンダラビ・スリという地ブドウを用いた白ワインが主体ですが、少量ロゼや赤もあります。

バスク地方ってどんなところ?


(Wikipediaより引用)

〇フランス側 バスク
〇スペイン側 山バスク
〇スペイン側 海バスク ←ここでチャコリが作られる

バスク地方の中心は北西に位置するビスカイア県にあるビルバオ。
ビルバオを中心とした都市圏は100万人の人口を抱え、これはスペインで第5位に当たります。

ビルバオは19世紀から20世紀初頭にかけて工業都市として発展しました。
しかし1940年前後の内戦とそこから続く政情不安によって、1980年代にかけて衰退していきます。

しかし1990年代に入ってから急速に変化を遂げます。
インフラへの投資を行い、芸術とサービスの街となったのです。
その象徴と言えるのが、ビルバオ・グッゲンハイム美術館です。



このビルバオと並ぶ観光地が、東側ギプスコア県に位置する都市サン・セバスティアン。 ビスケー湾に面した大変風光明媚なところです。



サン・セバスチャンは美食の街として有名。
ミシュラン3つ星レストランを始めとした有名レストラン。
そして多くの観光客を迎えるスペインバル。

チャコリはその両方で楽しまれています。

エスカンシア スペインの文化

スペインのバル文化ってどんなもの?

スペインのバルとは、喫茶店と居酒屋と食堂とコンビニエンスストアが一緒になったようなもの。



バルでお酒を飲みながら、ピンチョスやタパス(小皿料理)を楽しむ。
ピンチョス(=つまようじ)とは、パンの上に様々な具材を乗せて、つまんで食べられる軽いおつまみ。

街の至る所にあるバルをはしごするのが、バスク地方ならではの楽しみ方。

チャコリの特徴的な提供法 エスカンシアって何?

エスカンシアとは、チャコリを注ぐ際に高いところから底の平たいグラスに注ぐこと。 とあるバルがパフォーマンスとして始めたところ、その物珍しさから人気に火が付いたそうです。



その目的は、酸が強いものが多いチャコリを、空気を含ませることでまろやかな口当たりにするため。

家で飲むときもエスカンシアした方がいいの?

絶対にこぼれるのでおすすめしません。

もともと酸っぱすぎるチャコリを飲みやすくするために始めたもの。
バスクでもエスカンシアをするのはほとんどバルでのみ。
レストランではまずやらないそうです。
栽培・醸造技術が進歩して、そのまま美味しいチャコリが作れるようになった今、エスカンシアによって劇的に美味しくなることは少ないでしょう。
むしろなるべくエスカンシアしないでくれと言う生産者も多いのだとか。

でも、バスクの雰囲気を味わうべく、1杯分だけやってみては?流し台の上で。

どうしてチャコリってあまり見かけないの?

生産量がそもそも少なく、さらに大部分が地元消費されてしまうからです。

チャコリの栽培面積はわずか900ha程度。
これは新世界の大規模生産者1社にすら及ばないこともあります。

その理由は、チャコリは19世紀の終わりにフィロキセラ(ブドウの根に住み着き枯らしてしまう害虫)によってほとんど絶滅してしまったから。
近年その生産量は増えてきたものの、依然としてスペインワイン全体の0.1%以下の量なのです。

その少ない生産量を、バルやレストランで地元の人や観光客が飲んでしまいます。
輸出されるのは10%以下。

近年ようやく日本にも紹介されるようになってきたのです。

チャコリの楽しみ方

チャコリにも種類がある?

チャコリはその生産地によって3つに分けられます。


●ゲタリアコ・チャコリーナ
 サン・セバスチャンを含む地域で、3つのうちでは最大。
 爽やかな微発泡のチャコリが伝統。
  チャコリに欠かせない品種であるオンダラビ・スリ。その発祥の地と言われるオンダリビアの街はここにあります。
<<ゲタリアコのチャコリ>>

●ビスカイコ・チャコリーナ
 3つのチャコリの中で、生産者数が一番多い。
 都市ビルバオを含む。
 沿岸部だけでなく内陸部にも畑があり、バランスのいいタイプが多い。
<<ビスカイコのチャコリ>>

●アラバコ・チャコリーナ
 最後に認定されたチャコリの産地。
 まだ生産者の数も少ない。
 山間の畑で作られるチャコリは、厚みのあるタイプになる。

チャコリはどんな料理と楽しむといい?

魚介料理全般におすすめです。
暖かい料理に合わせるときは、あまり冷やしすぎないのがポイント。
冷蔵庫から出してしばらく、10℃~12℃がおすすめです。

チャコリのワインを探す


産地スペイン > バスク > ビスカイコ
生産者イチャスメンディ
品種オンダラビ・スリ 50% 、 オンダラビ・スリ・セラティエ(プティ・クルヴュ) 50%
英字Bizkaiko Txakolina Itasmendi
飲み頃温度10~12℃
おすすめ
グラス
白ワイングラス
内容量750ml
JANコード8437001807017
輸入元いろはわいん

《生産者について》
イチャスメンディは1990年設立。比較的早い段階からこの地域のチャコリ生産をけん引してきた生産者。2002年からはゲルニカの街の近く、ユネスコ認定のウルダイバイ生物圏保護区内でワイナリーを営んでいます。
35haの畑から年間約25万本のワインをつくっており、質はもちろん量でもなかなかの数字です。

雨が多い地域にも関わらず、当初から「自然との共存」をコンセプトに掲げ、実質的にビオロジーによる栽培を実践。一方でバスク政府の技術調査センターと協力し、最先端の技術も積極的に取り入れています。

《このワインについて》
12の町にまたがる18の畑からブドウをブレンドするスタンダードチャコリ。
オレンジやはっさくのような、少し苦みを予感させる柑橘のアロマ。泡感はなく微発泡ワインではありません。
味わいの凝縮感はほどよく高く、アミノ酸系の旨味に似た風味が余韻にまでしっかり続きます。飲み込んだ後には塩気を思わせるミネラル感が、ほのかな苦みを伴ってゆっくりと消えていきます。

YouTubeでも紹介しております



【「Itsas=海」と「Mendi=山」自然と融合】 ビスカイコ チャコリーナ イチャスメンディ 2022 イチャスメンディ

商品番号 61004295
  • 白ワイン
定価 ¥ 3,630 のところ
価格 ¥ 3,113 税込
会員特別価格 ¥ 3,113 税込
[ 85 ポイント進呈 ]
会員価格で購入するにはログインが必要です。
在庫数 5
14時までの注文で当日発送
日・祝は12時まで(営業日に限る)
営業日カレンダーを見る

送料 : ¥750~ 2万円以上で送料無料
※一部例外地域あり
より詳しくはこちら

でかんたん決済!
商品在庫フォーム
  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
辛口
リッチ&フルーティー
甘口
エレガント&クリスピー
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map