乙53 丁N戊N己N商品一覧

詳細検索

円 ~

並び替え
56件中 1-20件表示
1 2 3

【「マン」がつくる日本オリジナルワイン!】 パンゴリン シャルドネ 2022 or 2023

  • 白ワイン
定価 ¥ 1,320 のところ
価格 ¥ 1,100 税込
会員特別価格 ¥ 1,100 税込

《「パンゴリン」ブランドについて》
パンゴリンは、輸入元のリラックスが南アフリカの「マン・ファミリー・ワインズ」に委託してつくってもらっている、日本だけのオリジナルブランドです。
マン・ファミリー・ワインズは2001年設立とまだ若いワイナリー。創業者3人それぞれの妻である、マリー、アネット、ニッキーの頭文字をとって「MAN」と名付けられました。初年度はわずか600ケースから始まり、現在は17.5万ケースを生産するまでに拡大したといいます。創業者でありワインを手がける一人は、「スターク・コンデ」で人気ワインをつくるホセ・コンデ氏。もう一人はパール地区で400年の歴史を持つ「ジューステンベルグ」のティレル・マイバーク氏。
つまり手ごろな価格ながら一流の醸造家がつくっているワインであるこということ。安心感があります。

《テイスティングノート》
シャルドネは比較的温暖なパール地区から。オーク樽熟成はしていませんが、シュール・リーという澱(おり)と一緒に熟成させる製法により適度なコクがあります。
パイナップルや熟したリンゴのようなフルーツの香り。食事を押し進めてくれそうなキレのいい酸味があります。いつもの夕食のお酒として、料理を選ばず開けられそうです。

Pangolin Chardonnay

【ライチのような甘い風味にうっとり♪】 スワロー ゲヴュルツトラミネール 2023

定価 ¥ 2,035 のところ
価格 ¥ 1,617 税込
会員特別価格 ¥ 1,617 税込

《テイスティングノート》
ゲヴュルツトラミネールという品種に特徴的な甘いライチの香りが豊かに溢れます。そこに黄桃やオレンジ、マンゴーのようなフルーツ感。味わいも香りのイメージ通りのやや甘口ですが、「濃密な甘さ」というほどではなく後味すっきり。酸味は穏やかで丸い口当たりです。
この品種として教科書的な特徴を持つワインで、オレゴン産でこの価格は破格です。

《生産者について》
現オーナーであるガーバー氏が土地を購入したのが1971年。オレゴン南西部の「ログ・ヴァレー」という産地です。標高が450-480mと高いため気候が厳しく、かつてはワインづくりに適さないと考えられていました。しかしその予想を覆して高品質なブドウをつくり、1995年からは自社ワインを製造。「フォリス」と「スワロー」の2つのブランドを展開しています。

Swallow Gewurztraminer

【フルーツ感満載の甘味】 スワロー リースリング 2022

定価 ¥ 2,200 のところ
価格 ¥ 1,749 税込
会員特別価格 ¥ 1,749 税込

《テイスティングノート》
熟したフルーツの甘い香りがいっぱいに広がります。黄桃やリンゴの蜜のアロマに、ジャスミンのような花の香りも。価格の割に香りのボリュームは素晴らしい。味わいも香りの通りのやや甘口で、辛口リースリングのキレの良さみたいなものはなく、スッキリまろやかに消えていきます。
甘酸っぱいものが好き、フルーツジュースが好きな方なら、ワイン飲み始めであってもおすすめできます。

《生産者について》
現オーナーであるガーバー氏が土地を購入したのが1971年。オレゴン南西部の「ログ・ヴァレー」という産地です。標高が450-480mと高いため気候が厳しく、かつてはワインづくりに適さないと考えられていました。しかしその予想を覆して高品質なブドウをつくり、1995年からは自社ワインを製造。「フォリス」と「スワロー」の2つのブランドを展開しています。

Swallow Riesling

【超一流生産者の手頃な入門クラス】 マリヌー クルーフ ストリート オールド ヴァイン シュナン ブラン 2022

定価 ¥ 2,750 のところ
価格 ¥ 2,189 税込
会員特別価格 ¥ 2,189 税込

《生産者について》
2007年設立とまだ若いワイナリーである「マリヌー」。しかしその受賞歴はすでに南アフリカトップクラスです。

2020年時点までの受賞歴でも・・・
◎プラッターズ(南アで最も有名なワインガイド)で述べ30回も、ワインの最高評価である5つ星評価を獲得
◎プラッターズ・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー 5回受賞
◎ワイン・エンスージアスト誌 2016年インターナショナル・ワインメーカー・オブ・ザ・イヤー
◎ティム・アトキン 2017年南アフリカ・ワインメーカーズ・オブ・ザ・イヤー

スワートランドの地にて特に勢いのあるのがこのマリヌーです。

《このワインについて》
マリヌー白の入門編となるのがこのシュナン・ブラン。味わいのスケール感では当然上級クラスには劣ります。しかし上級のシュナン・ブランは往々にして開けたてが還元していることがあるので、「開けてすぐ美味しい」という点でも手に取りやすいワインです。
トップ生産者だけあり、マリヌーの上級シュナン・ブランは定価で1万円を超えます。2000円台でその世界観を体感できる、ありがたい1本です。

《テイスティングノート》
熟した洋ナシや柑橘の皮のようなフルーツのアロマに、火打石や濡れた石のような鉱物的な香りも混ざります。この品種らしい細身で軽やかな口当たり。美しくシャープな酸味が全体を引き締めます。余韻にはほのかな苦みが残るので、ワイン単体で楽しむよりも食事時に飲む方がより魅力を発揮するでしょう。

Mullineux Kloof Street Old Vine Chenin Blanc

【このブドウはエース的存在】 アルツァイヤー カペレンベルク トロッケンベーレンアウスレーゼ 2020 ハインフリート デクスハイマー

  • 白ワイン
定価 ¥ 3,850 のところ
価格 ¥ 3,080 税込
会員特別価格 ¥ 3,080 税込
貴腐ワイン 極甘口ワイン デザートワイン 甘いワイン ボトリティス シネリア 食後酒 ノーブル ロット Noble Rot デザートワイン はちみつみたい

【コウノトリさん、ワインも運んできておくれよ】 スペシャル デリバリー リースリング 2020 フレデリック マロ

  • 白ワイン
定価 ¥ 3,740 のところ
価格 ¥ 3,212 税込
会員特別価格 ¥ 3,212 税込

《生産者について》
エチケットに描かれるのはアルザスのシンボルであるコウノトリ。
「コウノトリが赤ちゃんを運んで来る」という伝説はフランスにもあるそうです。「せっかくならアルザスの美味しいワインも運んできておくれよ」というコンセプトでこのデザインにしたといいます。

単に「アルザスだから・・・」というのではなく、このマロ家はコウノトリに深い関係があります。1983年当時「3つがい」しかいなくなってしまったコウノトリを増やすために同村に作られた、「コウノトリ導入センター」の運営者なのです。その保護は成功し、何百羽にも増やした本物のコウノトリ愛護家です。

《このワインについて》
ブドウは2011年からビオロジックで管理。その前も「tyflo」というリュット・レゾネの認証を得ていたといいます。
目指すのは「ブドウ本来の味わいをそのままくっきり表現した」ワイン。その狙いの通り品種特徴が素直に表れた風味を感じます。凝縮感や酸味はあまり高くなく、メリハリのある味わいというよりは、ふんわり柔らかな味筋です。

《テイスティングノート》
辛口のリースリングながらドイツのような厳しさのない、優しいスッキリ感。柑橘や白桃の香りがふんわりと漂い、丸い酸味がスムースに流れます。
当主ドミニクのお姉さんがデザインしたというこのエチケットの通り、ソフトタッチな味わいが魅力です。

Special Delivery Riesling Frederic Mallo

【コウノトリさん、ワインも運んできておくれよ】 スペシャル デリバリー ゲヴェルツトラミネール 2020 フレデリック マロ

  • 白ワイン
定価 ¥ 3,960 のところ
価格 ¥ 3,300 税込
会員特別価格 ¥ 3,300 税込

《生産者について》
エチケットに描かれるのはアルザスのシンボルであるコウノトリ。
「コウノトリが赤ちゃんを運んで来る」という伝説はフランスにもあるそうです。「せっかくならアルザスの美味しいワインも運んできておくれよ」というコンセプトでこのデザインにしたといいます。

単に「アルザスだから・・・」というのではなく、このマロ家はコウノトリに深い関係があります。1983年当時「3つがい」しかいなくなってしまったコウノトリを増やすために同村に作られた、「コウノトリ導入センター」の運営者なのです。その保護は成功し、何百羽にも増やした本物のコウノトリ愛護家です。

《このワインについて》
ブドウは2011年からビオロジックで管理。その前も「tyflo」というリュット・レゾネの認証を得ていたといいます。
目指すのは「ブドウ本来の味わいをそのままくっきり表現した」ワイン。その狙いの通り品種特徴が素直に表れた風味を感じます。凝縮感や酸味はあまり高くなく、メリハリのある味わいというよりは、ふんわり柔らかな味筋です。

《テイスティングノート》
この品種らしいライチの甘い香りがふんわり漂います。バラやマンゴーのようなニュアンスもハッキリはせずほのかなもの。やさしい甘味の半辛口で、「力強い」という表現は当てはまりません。
当主ドミニクのお姉さんがデザインしたというこのエチケットの通り、ソフトタッチな味わいが魅力です。

Special Delivery Gewurztraminer Frederic Mallo

【香りと味のギャップに驚き!】 ステレンラスト アーティソンズ アンダーマイスキン ゲヴュルツトラミネール 2022

定価 ¥ 4,290 のところ
価格 ¥ 3,608 税込
会員特別価格 ¥ 3,608 税込

《生産者について》
ステレンラストは、ステレンボッシュのポタラリーヒルズとヘルダーバーグに畑を持つワイナリー。合計200haもの畑をもつ比較的大規模な生産者で、様々なブドウ品種をつくっています。
家族経営を続けており、フェアトレードの認証も受けています。2012年のロンドンオリンピックの際には、公式ワインとしてふるまわれました。

《このワインについて》
ステレンラストのラインナップの中心は、その生産規模の大きさもあり一般大衆受けを狙った分かりやすい味わいのもの。それに対して「アーティソンズ」のシリーズは、醸造家がつくりたいように少量生産したものです。このゲヴュルツトラミネールはまさにそんなイメージ。
先祖が農園購入時に植えたので正確な樹齢が分からず、80-105年と推定される古木のゲヴュルツトラミネール。18%は房のまま果皮と一緒に発酵させます。ステンレスタンク醸造の多い品種ですが、あえて古樽で9か月熟成。1樽分しかつくっていない希少さです。

《テイスティングノート》
品種の特徴として挙げられるライチの香りはやや控えめ。メロンやマンゴー、パパイヤのようなもっと大粒のトロピカルフルーツを思わせる香りです。その香りのイメージに反し、口当たりは程よく軽やかで適度な酸味があります。アルコール12.5%(2022VT)なのである程度早摘みしているのでしょう。残糖はなくしっかりドライで、フードペアリングの工夫が面白そうなワインです。

Stellenrust ArtiSons Under My Skin Gewurztraminer

【大切にしまっておく価値がある!】 ラーツ オールド ヴァイン シュナン ブラン 2023

定価 ¥ 6,820 のところ
価格 ¥ 5,775 税込
会員特別価格 ¥ 5,775 税込

《生産者について》
ラーツ・ファミリー・ワインズは「シュナン・ブランとカベルネ・フランのスペシャリスト」をコンセプトに掲げるワイナリー。2000年設立とまだ若いながら、品種に特化することで世界に通じる名声を獲得しています。
ワイナリーがあるのはステレンボッシュ市の西側。畑を選ぶ際にあえて南向きの日当たりの良くない斜面を選ぶことで、強い日差しにも関わらず涼しい環境となりブドウは上質な酸味を蓄えます。

その味筋はやや玄人向け。香りや味わいに決して派手さはなく、あまり手頃なワインはラインナップしません。代わりに研ぎ澄まされたような美しい酸味と、硬質なミネラル感を備えます。この繊細さと緊張感が同居した味わいは唯一無二と言っていいでしょう。

《このワインについて》
ラーツの白のラインナップではミドルレンジにあたります。しかし私は上位クラスの「イーデン・ハイデンシティ」に勝るとも劣らないと感じています。イーデンは1万本/haの密植による低収量が美味しさの要因ですが、まだ樹齢が低い畑。それに対してこのワインは平均樹齢40年の畑からつくられます。
この樹齢の差によるものか、余韻の広がりはむしろこの「オールド・ヴァイン」の方が優れているように感じます。
ワインアドヴォケイトの評価では、2011-2022VTの間、10件のレビューがつきましたが90点を下回ったのはわずかに1回。安定して高評価を獲得しています。

《テイスティングノート》
2024年6月の試飲時点ではまだ閉じた印象があります。白桃や柑橘の皮、それにほのかなハチミツのアロマ。香りは飲み込んだ後の方が表現力豊かで、アニスやクローヴのようなスパイス感が鼻を抜けていきます。緊張感のある酸味はほのかに苦みを伴いますが、3年程度熟成することで消えそう。さらに厚みのある口当たりを獲得するでしょう。
今飲むのは少しもったいない。自宅のワインセラーで大切に育てる価値のあるワインだと考えます。

Raats Old Vine Chenin Blanc

並び替え
56件中 1-20件表示
1 2 3