ソムリエ片山

ワインの専門店COCOSの食いしん坊ソムリエ片山です。
高感度おいしいものセンサー搭載。証拠はメタボなお腹。フルボディな体系とは裏腹にワインの好みはスマートなミディアムボディで酸フェチ。
みなさまの生活がワインを通してもっと豊かになるお手伝いを目指しています。
JSA認定ソムリエ|WSET Level3|ドイツワインケナーエキスパート|ナパヴァレー・ワインエキスパート

ワインの選び方

ちょうどいい赤ワイン 濃くない・渋くない・酸っぱくない・甘くない・高くない美味しいワイン特集

    濃厚じゃない赤ワイン、すなわちピノ・ノワールではもったいない。ワインはもっと多様です。 味のタイプを言葉にするのが困難なものの中には、最後の一口まで心地よく飲めるものがたくさん。 果実味・渋味 ...

ワインのつくり方

安くて美味しい「カヴァ」を選ぶコツ!おすすめスパークリングワイン10選

  単に「安くて美味しいスパークリングワイン」としてではなく、もっと詳しく「カヴァ」を理解しませんか? 熟成期間や辛口度合いに注目すれば、季節や夕食に合わせてカヴァを選ぶヒントになります。 違いを予想 ...

品種のお話

ピノグリとは|品種の特徴とピノグリージョとの違い|オレンジワインについても解説

    ピノグリというブドウ品種を理解するなら、白ワインとしてのスタイルとオレンジワインについて知りましょう。 コクがあるワイン、スッキリ爽やかなワイン、渋味のあるワイン、どれもピノグリからつくられま ...

ワインのつくり方

オーク樽熟成とは ワインの風味に与える影響と選び方のポイント

    高級なワインの多くが樽熟成してつくられるのは、それだけ好ましい変化をワインに与えるからです。 樽熟成によってどう変わるかは、オーク樽の新旧や大きさ、材質によって異なります。 ワインの風味は樽熟 ...

ワインの選び方

シャンパンの選び方入門 種類・ブドウ品種・辛口度合いで選ぶ方法とは?

    シャンパン選びの基準がわからなくて、つい有名銘柄ばかりなことはありませんか? 初心者はまずその種類やブドウ品種、辛口度合いや生産者のタイプに注目してみましょう。 自分好みのタイプを絞り込むこと ...

ワインの選び方

自宅で熟成させたいおすすめワイン ワインセラーに入れるべき12本と選び方【5000円以下】

自宅のワインセラーで熟成させてこそ味わえるワインの美味しさも、確かに存在します。 世の中のワインの大半は最も新しいヴィンテージしか手に入らないからです。 ワインに絶対はなくとも、どうせなら美味しくなる ...

ワインの選び方

実はこれ飲んだら美味しいのっ!3000円以下のブレンド赤ワイン特集

  品種で味をイメージできないから、ブレンドワインはついついワイン選びの候補から外しがち。 でも飲んでみたら美味しい、複数品種ゆえの魅力があるワインがたくさんあります。 ついリストの中で埋も ...

ワインのできるところ

ナパと比べて感じる魅力!パソ・ロブレスのカベルネ・ソーヴィニヨン

    ナパ・ヴァレーの代替ではなく違いを楽しむ産地として、パソ・ロブレスに注目してみましょう。 カベルネ・ソーヴィニヨンの味わいは、気候と土壌ゆえにタンニンに違いが現れます。 ワインの渋味には強弱だ ...

ワインの選び方

美味しさの理由で選べばハズレにくい!1500円以下のコスパワイン特集

    安いだけのワインとコスパワインは別物です。飲んでがっかりしないためには選び方が重要です。 手頃で美味しいワインをつくるためには工夫が必要で、低価格ワインならなおさらです。 大事なのはワイナリー ...

ワインのつくり方

シャンパン以外のスパークリングワイン 製法とワインの違いとは

    シャンパンが頂点であることは間違いなくとも、それ以外のスパークリングワインもそれぞれの魅力を持ちます。 シャンパンとその他の製法と味わいの違いを理解すれば、適した飲み方が見えてきます。 ブドウ ...

ワインの楽しみ方ガイド

地域別 ワインの有名銘柄一覧 知っておきたい高級ブランドワイン

    ワインを飲む理由の一つに人付き合いがある方は、きっと有名なワインの名前は知っておきたいもの。 「え?このワイン知らないの?」と言われないために何を憶えるべきか。教科書的な答えはありません。 と ...

ワインのできるところ

【初心者必見】いまさら聞けないシャブリとは?辛口白ワインの代名詞として人気の理由

    「シャブリ」とはブルゴーニュ地方北部の生産地区の名前であり、そこで産出されるシャルドネの辛口白ワインです。 豊かな酸味によるスッキリとした味わいと、土壌に由来するだろうミネラル感が特徴です。 ...

品種のお話

好きなフルーツで選ぶワイン アロマティックワイン特集

    グラスからあふれるようなフルーツの香りは、ワイングラスに鼻を近づけるだけで思わず笑顔になります。 好みのフルーツの香りをヒントにワインを選べば、あなたの鼻を大いに楽しませてくれます。 ボリュー ...

ワインの法律

セカンドワインとは?ボルドー伝統のブランディング戦略を知る

    「セカンドワイン」とは2番目の等級に位置付けられるワインで、その目的はファーストラベルのブランドを守ることです。 そのブランディング戦略の裏には、海洋性気候で天候が不安定なボルドーならではの事 ...

ワインの選び方

アルコール度数が高くて美味しいワイン8選

    アルコール度数はワインの味わいに非常に重要で、インパクトや重量感・ボリューム感を高めます。 濃厚なワインを飲みたいなら、アルコール度数が高い物を選ぶのが分かりやすい指標です。 品種や産地を選り ...