歴史




ルーウィン・エステートは 1973 年にデニス&トリシア・ホーガン夫妻によって設立された、オーストラリアを代表するプレミアム・ワイナリーです。1970 年初頭、デニス・ホーガンはカリフォルニアワインの大御所ロバート・モンダヴィの来訪により、家族が週末を過ごしていた牧草地が世界的な品質のワインを生み出す可能性がある土地であることを知り、自力でその土地を開墾し、ブドウを植えることを決断しました。モンダヴィの指導の下、1974 年からシャルドネとカベルネ・ソーヴィニヨン、シラーズ、ピノ・ノワールの植付けを開始し、1978 年にボブ・カートライトが初代のワインメーカーに就任し、その年に初めてルーウィン・エステートのワインが造られました。

カートライトは 2005 年に引退するまで、28 ヴィンテージにわたってチーフ・ワインメーカーとして、ルーウィン・ワインの基盤を築き上げました。現在のワインメーカー、ポール・アトウッドは 1997 年からルーウィン・エステートで働き始め、カートライトの引退後、チーフ・ワインメーカーとして、今日もルーウィン・エステートの名声を揺るぎないものにしています。
デニスとトリシアの引退後、長女シモーヌと弟のジャスティンが共同最高経営者としてワイナリーを受け継ぎ、経験豊かな醸造チームと共にルーウィン・エステートワインを世界 30 カ国へ輸出しています。

アートとワインツーリズム




ルーウィン・エステートはワインを「アート」と捉え、アートのあるライフスタイルを追求しています。
ワイナリーに併設されたハイグレードのレストラン、アート・ラベル用に購入した国内の新鋭画家の作品を展示したアート・ギャラリー、ワイナリーの野外ステージで開催されるルーウィン・コンサートと、精力的にワインと共にあるアートシーンの企画を組み立て、国内外からのビジターを積極的に誘致するワインツーリズムに力を入れてきました。
デニス・ホーガンはオーストラリア政府より、「センテナリー・メダル」を授与され、またトリシアとともに 2001 年に西オーストラリア州の観光サービスに尽力した功績を称える「ジ・オーダー・オーストラリア」のメンバーとなりました。マーガレット・リヴァーは 2012 年フォーブス誌が選ぶ世界のワイン観光地トップ 10 に選ばれました。

アートシリーズ




アートシリーズはルーウィン・エステートがクオリティを追求し、最高のレベルに達したワインに向けられるトップレンジ・シリーズで、リースリングを除き、毎年オーストラリア気鋭の若手アーティストから購入したオリジナルの絵がラベルに使用されます。
1978 年の初リリースから間もない 1980 アートシリーズ・シャルドネが 1982 年の英 Decanter 誌で「世界最高峰のシャルドネ」として取り上げられ、一躍世界の注目を集めました。評論家ジェイムズ・ハリデーがアートシリーズ・シャルドネを「もっとも優れたオーストラリアのシャルドネの例」と評し、オーストラリアワインの格付け会社、ラングストンは同ワインを「エクセプショナル」と最高ランクに格付けしています。またオーストラリア・ソムリエ・マガジンは、アートシリーズ・シャルドネの主な供給元である「ブロック 20」を「オーストラリアのトップ 25 の畑」として紹介しています。
姉妹シリーズ「プレリュード」と「シブリングス」はリーズナブルな価格で、早くからバランスよく楽しめるワインです。

評価・受賞




2013 ジェイムズ・ハリデー オーストラリアン・ワインコンパニオン : 最高 5 つ星ワイナリー/ 2009 年アートシリーズ・シャルド 97pts
2013 アートシリーズ・シャルドネ 98pts, 2013 アートシリーズ・カベルネ・ソーヴィニヨン 96pts
Wine Spectator : 2011 アートシリーズ・シャルドネ THE TOP 10
WINES OF 2014 #5, 2013 アートシリーズ・シャルドネ 96pts

並び替え
11件中 1-11件表示
並び替え
11件中 1-11件表示