ワインスペック

生産地アメリカ > カリフォルニア
ワイナリージョエル・ゴット
原語表記Joel Gott California Zinfandel
ブドウ品種ジンファンデル 97% 、 プティ・シラー 3%
醸造・熟成ステンレスタンク発酵、80% フレンチオーク (古樽) 20%アメリカンオーク (新樽) にて熟成
おすすめ料理ハンバーガー、マグロのカツレツ
飲みごろ温度13~15℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード0188985000120
インポーター布袋ワインズ

《生産者について》
大人気ワイナリー「ジョエル・ゴット」を経営するのは、ジョエルとサラ・ゴットの夫妻。サラはQuintessa、Joseph Phelpsなど超一流ワイナリーの元敏腕ワインメーカーでもあります。
「コストパフォーマンス=満足」の図式を知り尽くす彼らは、単一品種や生産エリアにこだわり、テロワールを表現するという風潮にあえて逆らいます。いわゆる「マーケティングワイン」として、顧客の求める味わいを作り出すことを目標としています。様々な土地のブドウを集めて作ることにより、コストパフォーマンスに優れたカジュアルワインを多数生み出しているのです。

彼のカジュアルレストランの一つ《Gott's Roadside》。評論家ロバート・パーカーがこの店のアヒバーガーを食べて「世界一のハンバーガー」と大絶賛!「有名醸造家に会いたければワイナリーではなくランチタイムにここに行け」と言われるほどの人気店です。

《テイスティングノート》
完熟し、よく凝縮したブラックベリーやカシスなど黒系果実のフレーバーと、冷涼エリア由来のレッドチェリーやクランベリーの引き締まった風味がバランスよく現れます。余韻ではオークの豊かな香りと黒コショウのようなスパイスのアクセントが、全体を包んでまとめ上げます。

甘さとスパイス感がいい塩梅のこのワインと、ハンバーガーの相性はバツグンです。ジンファンデルの特徴である濃厚な果実味が、ステーキソースのような役割をしてくれます。余韻に香るスパイス感が脂のくどさを打ち消してくれるので、さらに食欲をかき立てます。そして樽香と焼けたバンズの香ばしさもピッタリ。
このワインに合わせるには、ファストフード店のものはやや力不足です。できれば良い牛肉を使った専門店のハンバーガーを選んでください。

【ハンバーガーの相棒はこれで決まり!?】 ジョエル ゴット カリフォルニア ジンファンデル 2019

商品番号 61006320
  • 赤ワイン
定価 ¥ 3,080 のところ
価格 ¥ 2,574 本体価格 ¥ 2,340
[ 70 ポイント進呈 ]
在庫数 7
※複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
※商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
※年数表記のない場合、最新のものとなります。
●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

似た味わいのワイン

Winery Map

このワインのキーワード