ワインスペック

生産地オーストラリア > ヴィクトリア州 > サウス・ギップスランド
ワイナリーバス・フィリップ
原語表記Bass Phillip 17K Pinot Noir
ブドウ品種ピノ・ノワール 100%
おすすめ料理豚の角煮 / 鴨(鶏)の照り焼き
飲みごろ温度13~15℃
おすすめグラスブルゴーニュグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード0400000014937
インポーターヴァイアンドカンパニー

《生産者について》
オーストラリア、ビクトリア州。有名な都市であるメルボルンから南へ150kmほどのところに、ニューワールドで1,2を争うピノ・ノワールの生産者がいます。
フィリップ・ジョーンズ。ブルゴーニュの神様「アンリ・ジャイエ」に魅せられて、それまで植わっていたカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローを全て抜いてしまい、ピノ・ノワールに植え替えました。
栽培においても「自然の力をあるがままに」の哲学を貫いており、農薬や灌漑、清澄剤を使用せず、補酸も行いません。自然酵母で発酵を行います。
そのこだわりを維持するための少量生産。良作年のみの製造で1樽のみということもある「リザーヴ」を始めとして、せいぜい数百ケースのみという限定生産です。

《このワインについて》
”BIN 17K” Pinot Noirは、バス フィリップのリザーヴやプレミアム、エステートのレンジのワインを造るブドウ畑と違い、ワイナリーの「バックヤード」にあるわずか1haの畑のブドウから造られています。
ワインの名前の「17K」とは、この畑に超密植された17,000本のブドウ樹をあらわしており、それがこのワインの由来となっています。密植することで樹々は地中からの栄養分を奪い合い、凝縮した栄養分を果実に蓄えようとします。さらに房を間引くことで、残された果実からは想像を超える素晴らしいワインが造られます。
(ちなみにブルゴーニュの特級畑で10,000本/haほどの植樹)
数量の希少さだけではなく、世界中のワイン評論家たちから「南半球のロマネ・コンティ」と評されるほどの生産者フィリップ・ジョーンズ。バス フィリップ公式HPにも記載されていない、少量生産のキュヴェです。

《テイスティングノート》
ラズベリーやレッドチェリーの香りに、ハーブの清涼感と香ばしさ混ざり合い、さらにシナモンなどのスパイスがほのかに感じられます。ふっくらとした凝縮感のある口当たりと、あとから酸やミネラル感のある長い余韻が続きます。しっかりとした骨格、複雑な味わいで、甘さと香ばしさが共存しています。
無濾過で仕上げられたこのワインは、バス フィリップの優れたピノ・ノワール特有のピュアな果実味を表現しています。

【元々は現地でしか飲めなかった少量生産ワイン!】 バス フィリップ 17K ピノ ノワール 2019

商品番号 61005543
  • 赤ワイン
価格 ¥ 7,700 本体価格 ¥ 7,000
[ 210 ポイント進呈 ]
在庫数 3
※複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
※商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
※年数表記のない場合、最新のものとなります。
●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

似た味わいのワイン

Winery Map