ワインスペック

生産地フランス > ボルドー > ポムロール
ワイナリーシャトー・ルジェ
原語表記Chateau Rouget
ブドウ品種メルロー 、 カベルネ・フラン
醸造・熟成除梗後に選果、発酵は区画ごとに40%バリック、60%は木の発酵槽、新樽比率33%のバリックで18か月熟成、卵白で清澄
飲みごろ温度13~15℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード3552350000157
インポータージェロボーム

《生産者について》
ローマ時代の後期から歴史が続くというシャトー・ルジェ。ポムロールで最初に優れた畑だと認定されたと、1700年以降の文献に記載がみられるそうです。
19世紀後半にはポムロールのトップ5のシャトーとして格付けされるなど、歴史の長さに引けを取らないほど評価の高いシャトーです。
1992年からブルゴーニュのドメーヌであるジャック・プリウールを所有するラブリュイエール家の所有となりました。

《ポムロールのワインに期待するもの》
メルローはフランスで最も多く栽培されるブドウでありながら、メルロー主体のワインとしてそのブランドを確立しているのは、ここポムロールのみ。それほどメルローだけでグラン・ヴァンをつくるのは難しいようです。
だからこそポムロールのワインは、割高でも人々は探し求めます。それはジロンド川左岸のカベルネ・ソーヴィニヨン主体でつくる著名ワインとは、異なる魅力を持つからです。
メルロー主体の高級ワインに期待するもの。それはベルベットのような濃密でなめらかな口当たりではないでしょうか。

《テイスティングノート》
ブラックカラントやチョコレートの、上品でありながら力強いアロマ。スパイスのような風味がトースト香に混ざります。きめ細かいタンニンは厚みがありながらも素晴らしくきめ細かい口当たりを醸し出しています。

[ワインアドヴォケイト 2020年3月のレビュー]
深いガーネット・パープル色の2017年のルジェは、煮込んだプラム、ソテーしたハーブ、焼いたブラックチェリー、桑の実、落ち葉や燻製していない葉巻の香りが特徴的だ。ミディアムからフルボディの味わいは、香ばしいブラックフルーツのジャムをたっぷりと含み、噛み応えのあるテクスチャーとアーシーなフィニッシュが特徴だ。
[Lisa Perrotti-Brown氏による試飲 飲み頃予想2020-2030年]

【なめらかさとち密さ、さすがポムロール!】 シャトー ルジェ 2017

商品番号 61005669
  • 赤ワイン
定価 ¥ 12,100 のところ
価格 ¥ 8,690 本体価格 ¥ 7,900
[ 237 ポイント進呈 ]
在庫数 2
※複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
※商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
※年数表記のない場合、最新のものとなります。
●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

似た味わいのワイン

Winery Map