ワインスペック

生産地ドイツ > ミッテルライン
ワイナリーヴァイングート トニー ヨースト
原語表記Rother Hahn Spatburgunder Trocken Toni Jost
ブドウ品種シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール) 100%
醸造・熟成ステンレスタンク発酵・1500Lの大樽熟成
飲みごろ温度13 - 15℃
おすすめグラスブルゴーニュグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプスクリューキャップ
JANコード4260015875000
インポータードイツ商事 ローテ・ローゼ

《シュペートブルグンダーのスタイル》
「シュペートブルグンダー」とはピノ・ノワールのドイツ名。ドイツワインをちょっとお好きな方ならみなご存知でしょう。ではこの2つが別の意味を持つ場合もあることはご存知でしょうか?

生産者によっては特に使い分けしていない場合もあります。むしろその方が多いです。
でも「昔ながらの製法でつくるドイツの赤ワイン」という意図で、あえて「ピノ・ノワール」ではなく「シュペートブルグンダー」と使う生産者もいます。

ではその「昔ながらの製法」とはどのようなものか。決して共通認識ではありませんが、
・樽香をきかせず、小樽ではなく大樽で熟成
・4g/L程度のほんの少しの残糖
・ブルゴーニュのように洗練されていない、どこか田舎っぽい香り
このあたりが共通点です。その特徴が分かりやすいのがこの「ローター・ハーン」です。

《このワインについて》
ミッテルラインのバハラッハー村は緯度が50度を超え、冷涼な地域です。すぐ近くにあるラッツェンベルガーがつくるシュペートブルグンダーは、それほど日照豊かではないことを感じさせる、陰の雰囲気がある赤ワイン。でもこの「ローター・ハーン」は全然違います。
畑はこの生産者自慢の「イム・ハーン」。VDPが定めるグローセ・ラーゲ(特級畑)です。そこから赤ワインをつくるので「ローター・ハーン」。その言葉の意味は「赤い鶏」なのでそれがエチケットに描かれています。

北の産地だとは思えないほど甘やかな果実味。というより甘いんです。イチゴやベリージャムのような風味がなめらかに広がり、優しい酸味でまとめられています。
ピノ・ノワールのイメージとも違うし、最近のシュペートブルグンダーのイメージとも違う。一昔前のカリフォルニア産ピノ・ノワール好きが気に入りそうな親しみやすい味わいです。

《生産者について》
トニー・ヨーストはバハラッハ村にある家族経営のワイナリー。現在は7代目のセリシア・ヨースト氏がケラー・マイスターをつとめます。ミッテルラインだけでなく、ライン川対岸のラインガウにも畑を持ち、自社畑は合計15ha。VDP加盟ワイナリーです。

Rother Hahn Spatburgunder Trocken Toni Jost

【ピノ・ノワールと思って飲まないで!】 ローター ハーン シュペートブルグンダー トロッケン 2021 トニー ヨースト

商品番号 61008144
  • 赤ワイン
定価 ¥ 4,499 のところ
価格 ¥ 3,960 税込
[ 108 ポイント進呈 ]
在庫数 2
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map