ワインスペック

生産地チリ > アコンカグア・ヴァレー
ワイナリーロバート・モンダヴィ & エデュアルド・チャドウィック
原語表記Rocas de Sena
ブドウ品種マルベック 38% 、 シラー 25% 、 カベルネ・ソーヴィニヨン 15% 、 グルナッシュ 14%
飲みごろ温度13 - 15℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード4961350125033
インポーターJALUX ( ジャルックス )

《生産者について》
1995年がファーストヴィンテージとして登場したプレミアムチリワイン『セーニャ』。カリフォルニアワインで成功を収めたロバート・モンダヴィ氏と、チリの名門「エラスリス」の当主エジュアルド・チャドウィック氏のコラボレーションとしてこのプロジェクトが始まりました。
セーニャの畑があるのは、アコンカグア・ヴァレー。チリのワイン産地としては低緯度にあり日差しは強いのですが、昼夜の寒暖差が大きいといいます。石がゴロゴロした土壌はやせており、ブドウが栄養を奪い合うため樹勢が抑えられ、低収量高品質のワインをつくりやすい地域です。凝縮度がありつつ酸味もタンニンも豊富という産地の特徴が、しっかりと「セーニャ」のワインから感じ取れます。

《このワインについて》
セーニャのセカンドワインとして2022年に初リリースされたのが、この「ロカス・デ・セーニャ」。セーニャとは品種構成が大きく違い、マルベックを主体にシラー、カベルネ・ソーヴィニョン、グルナッシュ、プティ・ヴェルド。「セカンドワイン」の定義にもれず、セーニャよりも若いうちから親しみやすい味わいです。

【パーカーポイント93点】
[ワインアドヴォケイト誌 2023年4月のレビュー]
ここの新しいセカンドワイン、2020年のロカス・デ・セーニャは、セーニャの岩だらけの土壌にちなんで名づけられたが、ブレンドに地中海産のブドウが含まれている点が異なる。2020年は暖かく乾燥しており、早めの収穫で凝縮した力強いワインができた。香りは非常に表情豊かで、味わいはジューシーでテクスチャーがあり、セーニャよりも少し温かく熟した風味で、グルナッシュとシラーによる地中海のひねりが感じられる。強烈なノーズは、赤いベリー、ハーブ、柑橘類のタッチさえも感じられるが、甘さはまったくない。繊細なタンニンはグリップがあり、フィニッシュはドライで真面目。エラージュはセーニャと同様だが、将来的にはもう少し短いエラージュを行い、フードルを使うかもしれない。ワインは非常に素晴らしい輝きを持ち、まだ若々しく生き生きとしており、セーニャの真面目でエレガントなスタイルが非常によく出ている。
[Luis Gutierrezによる試飲 飲み頃予想2022-2028年]

Rocas de Sena

【パーカーポイント93点で初登場!】 ロカス デ セーニャ 2020

商品番号 61007704
  • 赤ワイン
定価 ¥ 0 のところ
価格 ¥ 10,560 税込
[ 288 ポイント進呈 ]
在庫数 4
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>