ワインスペック

生産地フランス > ローヌ > コート・ロティ
ワイナリーグザヴィエ・ジェラール
原語表記Cote Rotie Xavier Gerard
ブドウ品種シラー 96% 、 ヴィオニエ 4%
飲みごろ温度13 - 15℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード0400000026428
インポーターフィラディス

《どうやらソムリエの間で話題の生産者》
「北ローヌのライジングスター」このキャッチコピーで近年日本に入荷したグザヴィエ・ジェラール。2013年がファーストヴィンテージと若いワイナリーですし、小売店に並ぶ数がかなり少ないので、市場全体での知名度はまだほとんどありません。しかしどうやらこの生産者、多くのレストランのソムリエさんに気に入られているようです。
基本的に年1回の割り当て入荷なのですが、コンドリューなどの白ワインも含め、早々に完売します。この地域のワインとしては決して安くなく、当店も積極的なおすすめは出来ておりません。それでも売れるのは、「美味しいことを知っていて、買いたいと強く思っている人が多くいる」ということ。おそらく「レストランで勧められて飲んだら美味しかった!」という経験に基づく購入だと推測しています。
あなたの知らないところで、ローヌの見逃せないつくり手の評判がじわじわと広がっているのかもしれません。

《生産者について》
今、北ローヌで最も手に入れにくいワインをつくるといわれているのが、このグザヴィエ ジェラール。1984年生まれとまだ若く、初ヴィンテージも2006年ながら、「傑出したワインをつくっている(ワインアドヴォケイト誌)」「現在30代の彼は、素晴らしい区画からいくつも偉大なワインを生産している(デキャンター誌)」と絶賛を浴びています。
テロワールとヴィンテージを反映したワインづくりを意図しており、ブドウの植え付けからボトリングに至るまで注意深く見守り、あらゆるリスクを予見することを大切にしています。栽培はリュット・リゾネ(減農薬)で行います。

《このワインについて》
4区画の畑からブレンドでつくられる、スタンダードクラスのコート・ロティ。比較的生産量のあるこのキュヴェが、グザヴィエ・ジェラールの評判を高める原動力となっているのでしょう。この生産者を知るには欠かせない1本です。

《輸入元によるテイスティングノート》
素晴らしくピュアなカシス、ブラックラズベリーにスミレやウッドスモーク、グリーンオリーヴのアロマ。ベルベットのようなまろやかな口当たりで、肉付きの良い果実味と心地よいタンニンが絶妙に溶け込み素晴らしいテクスチャーを生み出しています。調和のとれた長い余韻が楽しめます。

Cote Rotie Xavier Gerard

【知ってます?レストランで話題のこのつくり手】 コート ロティ 2020 グザヴィエ ジェラール

商品番号 61007436
  • 赤ワイン
定価 ¥ 10,945 のところ
価格 ¥ 9,372 税込
[ 256 ポイント進呈 ]
在庫数 4
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map