赤ミディアムボディ辛口
コメンター画像

私がこのワインを買う理由

オーストリアワインやサンクト・ラウレントという品種もまだまだマイナーですが、滋味深く控えめながらも十分に魅力的。選択肢のひとつにぜひ!

ワインスペック

生産地オーストリア > ニーダーエスタライヒ > カンプタール
ワイナリーユルチッチ
原語表記St.Laurent Jungle 2016 Jurtschitsch
ブドウ品種ザンクト・ラウレント 100%
醸造・熟成開放式の樽で葡萄は全房のまま発酵。その後500リットルの古樽で澱とともに12ヶ月間熟成。ワインはノンフィルターで、瓶詰時に微量の酸化防止剤。
飲みごろ温度13~15℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード9007951807802
インポーターAWA

<ワイナリー>
『Falstaffファルスタッフ』4つ星格付ワイナリー!
ユルチッチはカンプタール ランゲンロイスで最高の区画に畑を所有。バランスがとれたテロワールの特徴が感じられるワインを造っています。70年代にはコンポストと緑肥に切り替え、2006年には全ての畑を有機農法に転換し、2009年からブドウは初めて有機認証されました。今日国内外でも最高の評価を得ていますが、今なお「パイオニア的な仕事」をすることを信念としています。
<気候>
カンプタールは冷涼な気候にあります。北にあるマンハーツベルクや、ワインフィアテルの高台から吹く冷たい風と、東から吹くパノニア気候の温かい風がカンプタールで出会います。これにより日中は温かく高い温度ですが、夜になると冷え込みます。この寒暖差が葡萄の皮を厚くさせ、アロマと酸が葡萄の実に蓄えられます。カンプタールの微気候(マイクロクライメット)は、丘毎に異なります。標高は海抜200メートルから500メートルに及びます。丘の間にある小さい渓谷は高原からの冷気を畑に夜間吹き下ろさせるチャネルとなります。
<畑>
2015年にアルヴィンは、この樹齢60年のサンクト・ラウレントが育つ畑を受け継ぎました。前の所有者は長い間剪定をしておらず、まるで野生の「ジャングル」のような畑でした。しかし樹齢60年の古木の畑をアルヴィンはかねてから欲しいと思っていました。畑はランゲンロイスの東にあり、ライムストーンにレス(黄土)土壌から成ります。葡萄の収量は古木ゆえ低く、しかし食べてみると非常に甘くて美味しく、アロマティックな味わいでした。
<醸造>
ワインはわずか二樽、約2000本のみ生産しました。開放式の樽で葡萄は全房のまま発酵。その後500リットルの古樽で澱とともに12ヶ月間熟成させました。ワインはノンフィルターで、瓶詰めの日にほんの微量の酸化防止剤を加えました。
<ワイン>
このワインは本物のサンクト・ラウレントのワインです。非常にジューシーで上品、素晴らしくなめらかなベルベットのようなタンニンの辛口赤ワインです。

【60年の古木が生み出す旨さ!】 ユルチッチ サンクト ラウレント ジャングル 2018

商品番号 61004571
  • 赤ワイン
定価 ¥ 4,180 のところ
価格 ¥ 3,762 本体価格 ¥ 3,420
[ 103 ポイント進呈 ]
在庫数 4
※複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
※商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
※年数表記のない場合、最新のものとなります。
●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

似た味わいのワイン