ワインスペック

生産地南アフリカ
ワイナリーマン・ファミリー・ワインズ
原語表記Man Cabernet Sauvignon Cellar Selection
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン 85% 、 プティ・ヴェルド 8% 、 サンソー 5% 、 トゥリガ・ナショナル 2%
飲みごろ温度13~15℃
おすすめグラス白ワイングラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプスクリューキャップ
JANコード6009669350888
インポーターマスダ

《1000円台前半のデイリーワインとして》
お酒に強くて毎日たっぷり飲みたい人ほど、リーズナブルな価格ながら完成度の高いワインを必要としていることでしょう。
そんな方は1000円台前半の赤ワインとして、どの国を思い浮かべるでしょうか?まずはチリ。輸入量ベースでNo.1です。イタリアやスペインにもいろいろ選択肢があります。それらに比べて選択肢は少し少ないものの、南アフリカも品質で負けていません。
品種名表記で分かりやすいという点で、チリと南アフリカは競合します。カベルネ・ソーヴィニヨンで比べるとしたら、凝縮感で言えばチリが有利なイメージ。しかし風味の成熟度ではむしろ南アフリカの方が高いように感じます。好き嫌いが分かれるピーマンなどの青い香りは、全体として南アフリカの方が控えめです。

《生産者について》
マン・ファミリー・ワインズは2001年設立とまだ若いワイナリー。創業者3人それぞれの妻である、マリー、アネット、ニッキーの頭文字をとって「MAN」と名付けられました。初年度はわずか600ケースから始まり、現在は17.5万ケースを生産するまでに拡大したといいます。
先ほど挙げた手頃で美味しいワインを生産する国。共通点は地中海性気候に属する地域があることです。ブドウ栽培に圧倒的に恵まれた気候のもと、低コストでブドウ品種の特徴がピュアに表れたワインづくりをしています。

《テイスティングノート》
カシスやプラムの熟したフルーツの香りに、スモーキーな香ばしい香りが混ざります。程よい酸味と細やかな渋味が溶け込んでおり、弱々しさはありません。果実味をしっかり感じられるニューワールドのニュアンス、酸とタンニンがエレガントなヨーロッパのニュアンス、どちらも感じるよくできたワインです。

Man Cabernet Sauvignon Cellar Selection

【デイリーワインでチリに真っ向勝負!】 マン カベルネ ソーヴィニヨン セラー セレクション 2021

商品番号 61001538
  • 赤ワイン
定価 ¥ 1,760 のところ
価格 ¥ 1,430 税込
[ 39 ポイント進呈 ]
在庫数 6
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map