白フルボディ辛口
コメンター画像

私がこのワインを買う理由

上品なワインなんですが、ブルゴーニュ的ではなく、もちろんカリフォルニア的でもなく、あくまでマールボロのワイン。しかし卓越したシャルドネであることは、香りだけでも明らかです。
ブラインドテイスティングで「産地はどこだと思いますか?」ってやりたいな~

ワインスペック

生産地ニュージーランド > マールボロー
ワイナリーアンツフィールド
原語表記Cob Cottage Chardonnay Auntsfield
ブドウ品種シャルドネ 100%
醸造・熟成フレンチオーク樽(バリック)で発酵(20%は新樽)シュール・リー熟成11か月
飲みごろ温度10~12℃
おすすめグラスブルゴーニュグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード9421020691312
インポーターリブ・コマース

《ワイナリーの歴史》
アンツフィールドは、ニュージーランドワイン生産の中心地であるマールボロにて、最も古い畑を所有するワイナリー。
1873年にこの地に初めて商業用のブドウ畑を開きましたが、一旦は衰退してしまいました。
それを2000年に購入したのがカウリー家のルーク&ベン兄弟。それぞれが醸造家・栽培家として、創始者の意思と情熱を継いだワインづくりをしています。

《ワイナリーの特徴》
ワインは全て自社畑。その面積は65haとなかなかの規模です。
ピノ・ノワール、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの3品種に絞って生産されています。

アンツフィールドのワインの特徴は、しいて言うならド直球。
「果実の熟度が高い」とか「やたら繊細」のような言葉にしやすい特徴ではありません。
このマールボロの土地・気候を素直に愚直にグラスの中に表現する。
そしてすべてのキュベにおいて価格以上の価値を示している。
そんな信頼がおけて人に勧めたくなる生産者です。

まだ日本ではほとんど知名度がないのもポイントです。

《このワインについて》
このワインをつくる2haの小さなブロックは、北向きの斜面に位置し黄色い粘土質の土壌が独特のミネラル感を生みます。それをさらに収量制限するため、1本のブドウの樹から2kgしか収穫できません。
植樹密度も高くないので、結果として年間で1000本程度しか作れません。それを1本5000円で売っても儲かるわけがない。趣味や道楽として作っているとしか思えない、採算度外視のワインです。

《テイスティングノート》
熟したネクタリンと白桃、柑橘の皮の凝縮した香り。乾燥したハーブ、スパイスの香りが現れ、ローストしたヘーゼルナッツ、濡れた石のようなミネラル感を感じます。凝縮した味わいで美しい質感、果実の重みとオークのバランス素晴らしい。長い余韻とクリーミーな骨格は圧倒的です。

【趣味・道楽としか思えないキュベ!】 コブ コテージ シングル ブロック シャルドネ 2016 アンツ フィールド

商品番号 61004998
  • 白ワイン
定価 ¥ 6,710 のところ
価格 ¥ 5,940 本体価格 ¥ 5,400
[ 162 ポイント進呈 ]
送料パターン 通常送料
在庫数 2
※複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
※商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
※年数表記のない場合、最新のものとなります。
●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
辛口
リッチ&フルーティー
甘口
エレガント&クリスピー
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

似た味わいのワイン

Winery Map