ワインスペック

生産地オーストラリア > エデン・ヴァレー
ワイナリーヘンチキ
原語表記Henschke Hill of Grace
ブドウ品種シラーズ 100%
飲みごろ温度15 - 18℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード0400000032009
インポータージェロボーム

オーストラリアで最もプレミアムなワインといえば、大多数の人がペンフォールズがつくる「グランジ」を挙げるでしょう。一つの産地にこだわらず、マルチリージョンブレンドとして最高のワインを求めた結果であり、10万円オーバーで取引されます。
ペンフォールズはオーストラリアのワインショップならどこにでも置いているような巨大ワイナリー。リーズナブルなワインからプレミアムワインまで幅広く提供します。
それに対してプレミアムワインしかつくらないため知名度では圧倒的に劣りながら、専門誌の評価では全く負けていないもう一つの頂点があります。それがこの「ヒル・オブ・グレース」です。

《生産者について》
ヘンチキは1862年の歴史あるワイナリー。オーストラリアで酒精強化ワインが多くつくられていた時代に、あえて様々な品種の単一畑のワインをリリースしました。
現在は5代目から6代目へとバトンを渡しつつあります。オーガニックやバイオダイナミックの栽培を取り入れることで、先祖が残した畑をより豊かな状態で後世へ引き継ごうとしています。

《このワインについて》
60年余りにわたって作り続けている、ヘンチキのトップキュヴェ。ワインアドヴォケイト誌には、このワインの1958年~2017年まで、実に56ものレビューがついています。ヒル・オブ・グレイスがつくられなかった2000年のような年もあるので、実質的に毎ヴィンテージレビューがついている稀有なワインといえます。
点数としても100点はないものの2012、2010、2005年で99点を獲得しており、オーストラリアの2トップとして恥じない評価です。

【パーカーポイント98点】
[ワインアドヴォケイト誌 2023年4月のレビュー]
ラズベリーと甘草、石炭粉、紅茶とタバコの葉。黒トリュフと骨スープのニュアンスもあり、それは常に現れるようだが、ワインは私が見たことがないほど明るく、より集中している。果実味とタンニンが美しくしなやかに広がり、口の中ですべてが調和している。このワインと畑の血統から予想されるように、非常に長い。凝縮感があり、力強く、しなやかで、エレガントで力強い、次世代のワインである。
[Erin Larkinによる試飲 飲み頃予想2023-2053年]

Henschke Hill of Grace

【パーカーポイント98点】 ヘンチキ ヒル オブ グレース 木箱入り 2018

商品番号 61007964
  • 赤ワイン
定価 ¥ 159,500 のところ
価格 ¥ 128,700 税込
[ 3,510 ポイント進呈 ]
在庫数 1
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map