ワインスペック

生産地イタリア > ウンブリア
ワイナリーカンティーナ・ライナ
原語表記Campo di Umbria Rosso Cantina Raina
ブドウ品種サグランティーノ 100%
醸造・熟成ステンレスタンク発酵、大樽24か月熟成、ステンレスタンク12か月熟成、ボトルで12か月熟成
飲みごろ温度15 - 18℃
おすすめグラスボルドーグラス
ボトルサイズ750ml
栓のタイプコルク
JANコード0643657602144
インポーターアズマコーポレーション

《このワインについて》
ワインの渋みのもととなるタンニンは、ポリフェノールの一種です。そのポリフェノールを最も多く含有するブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンでもネッビオーロでもありません。フランスの「タナ」と、このウンブリア州の「サグランティーノ」が一番だと言われているのです。
その強い渋みを和らげるべく、合計4年も熟成させてから出荷されますが、それでもパワフルな渋みはなめらかさがあってなお際立ちます。ホームパーティーなどで何人かで集まった際に開ければ、「おお!」と言わせられることは間違いなし。
あるいは普段飲みにも。タンニンはワインを酸化から守ってくれるので、抜栓後1週間程度はビクともしません。少しずつ飲んで変化を楽しむのもいいでしょう。

※2017VTまで「モンテファルコ・サグランティーノDOCG」としてリリースされていたものが、2019VTより商品名変更となりました。

《テイスティングノート》
黒系ベリーの濃縮した香りが豊かに立ち昇りますが、プリミティーヴォのような甘いニュアンスとはまた違います。そこに土やスパイスのような深みのある香り。どっしり重量感のある果実味を持つ点で、同じ強いタンニンを持つバローロなどとも違います。
何十年とかけて美味しくなっていくポテンシャルを感じる、とびきりパワフルな赤ワインです。

《生産者について》
「イタリアの最も美しい村」と言われるウンブリア州のモンテファルコ。その近くにカンティーナ・ライナはあります。ファブリッツィオ・マリアニ氏が2002年に家屋と12haの土地を購入して設立しました。そのうち10haをブドウ畑としています。現在は元料理人の息子フランチェスコ氏と2人で営んでいます。
栽培は原則としてビオディナミを実践。いわゆる"自然派"のワインづくりではありますが、それによって味が濁ることがなく、ブドウの個性を楽しめるワインを目指しています。

Campo di Umbria Rosso Cantina Raina

【『世界一渋いワイン』候補はこの品種】 カンポ ディ ウンブリア ロッソ 2019 カンティーナ ライナ

商品番号 61005518
  • 赤ワイン
定価 ¥ 6,050 のところ
価格 ¥ 5,280 税込
[ 144 ポイント進呈 ]
在庫数 6
14時までの注文で当日発送
※営業日に限る
営業日カレンダーはこちら

  • 複数の年数表記のある商品は年数指定はできません。
  • 商品名と画像の年数表記が異なる場合、商品名のものが優先されます。
  • 年数表記のない場合、最新のものとなります。


味わいチャート

●アイコンの位置がこのワインの味わい
グラフのマス目をタップすると
その他の味わいのワインも検索できます
渋さ強
果実味
渋さ弱
エレガント
<<味わいチャートの使い方はコチラ>>

Winery Map